コラム

column
2021.08.26

コインパーキングの運営に欠かせない精算機のメーカーは どうやって選べばいい?

コインパーキングを運営する上で欠かせない精算機は、どのように選べばいいのか分からない人も多いのではないでしょうか?精算機なんてどれも一緒だという人もいるかもしれませんが、実際はそんなことはありません。

精算機も機械なので運営し続けていると確実に故障してメンテナンスを行う必要性が出てきます。それでは、精算機の選び方やおすすめのメーカーについてご説明しましょう。

精算機メーカーの選び方

精算機のメーカーを選ぶ上で重要なのが、耐用年数とメンテナンス体制です。

精算機の耐用年数はメーカーによって違いますが、基本的に5年~12年とされています。中には5年以内に故障するメーカーもあれば、12年以上使用できるメーカーもありますが、コインパーキングを運営する上でメーカーのメンテナンス体制は非常に重要です。
精算機が故障しているということは、故障している期間中に収益が得られないことになります。
重要なことは修理にどのくらいの時間がかかるのか、
部品供給はしっかりしているのかどうかです。
部品供給がしっかりしていないどころか、修理に時間がかかりすぎるようなメーカーに修理を依頼してしまうと収益に支障が出てしまうため、精算機を導入する場合は修理期間と部品供給が潤沢かどうかをチェックしましょう。

精算機メーカー事例

精算機を導入するにあたって、以下のメーカーがおすすめです。

・東海技研 駐輪場システム 出口精算機『BeAT GABT10』

こちらの精算機は非接触読み取り方式になっているので、手間をかけずに精算ができる仕組みになっています。さらに機器の状態や釣銭切れ信号、システム異常信号など、提携している警備会社と通信することで24時間体制で対応できるのがポイントです。

・S・Tクリエイト 駐車場精算機

こちらの精算機は通信機器が搭載されているので、Web状で入庫状況の確認やトラブルの対応ができるのがポイントです。メンテナンスもタッチパネルで簡単操作ができることが大きな特徴です。

まとめ

精算機の性能はメーカーによって違うので、どのメーカーがどんな性能を持っているのか比較する必要性があります。また、運用し続ける上で確実に故障してメンテナンスの必要性が出てくるため、修理が完了するまでの期間が長いのかどうかも確認しましょう。

修理期間が長いほど収益に支障が出てしまうので、迅速に修理してくれるメーカーを選ぶのがおすすめです。


お問い合わせ

contact
ご相談だけでも勿論OK!できる限りのご相談にお応えしたいと思いますので、
気軽にお問い合わせください。
当社では電話営業は致しませんのでご安心ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-392-444
受付時間/9:00〜18:00 土日祝休み

メールでのお問い合わせ