よくあるご質問

faq
駐車場運営にはどんな土地が適していますか?狭くて使いにくい形の土地を所有しているのですが・・・
両親からの相続と言う事からも、有効活用をしたいと言うお気持ちは良く解りました。
相続をされた土地が駅から近い場所であり、周辺は駐車場がそれほど多くないエリアと言う事もありますので、コインパーキング形式の駐車場には向いているエリアかと思われます。
主要な駅の周辺ということで平日だけではなく土日も駐車場を求める人が多く在るエリアですのでコインパーキングを運営することで一定の利用者の確保も行える魅力ある場所でしょう。
因みに、コインパーキングは30分単位で200円などの料金を支払って利用することが出来る駐車場で、食事だけなら200円や400円と言うお金を支払えば利用できますし、機械設置のみで運営を行える事、運営を止める時には機械を取り外すといった現状回復を行えば別の利用方法で土地活用を行ったり、売却する事も出来ます。
更に、コインパーキングは初期費用として300万円前後の初期投資でスタートする事も可能です。
お電話にて詳細な箇所も含めた対応もさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
コインパーキング運営で、機器を壊したり、料金を払わない利用者がいた場合の対策はどうしたらいいですか?
無人のコインパーキングでは、投稿者様の内容の通り、床面に設置したロック器具をそのまま破壊して立ち去るようなケースが多くなっています。
監視カメラ等も有用ではあるのですが、やはり実際に人を配置することが最も効果的であるといえます。しかしながら、駐車場が大きいところであればともかくそうでなければ、一般的に人件費が高くついてしまい現実的ではありません。
監視カメラについては最近の機器では、非常に解像度が高いものもあることから、料金未払いで立ち去る車両や関係者と思われる人物の顔などもはっきりと分かるようになってきています。したがって、こうした機器を設置することには意味がありますが、一方で設置場所が悪かったりすると判別できない場合もあることから、失敗しないように設置場所は慎重に行うこととされています。
弊社では警備やメンテナンスも含めた運営代行というサービスを行っております。
現在はお一人で運営をされているとのことでしたが、弊社の運営代行は安価な料金で現在の手間を省きつつ、防犯にも繋げることが出来ますので、一度ご検討くださいませ。
コインパーキングの経営に必要な機器の初期投資にはいくらかかりますか?
ご質問いただいた順に回答いたします。
まず、コインパーキングの車止めの種類についてですが、車両前方でロックが起き上がるタイプのフロントロック、車両の下でロック板が起き上がるセンターロック、車両の上方、フロントガラスの前方でロックするスペースロックの3種類があります。
フロントロックは視認性に優れているため、ロックがかかっている状態で誤って車両を発進させてしまう可能性を低減させることができます。ただし、構造上車室の奥行きが5.5m以上ある必要があります。
センターロック式は車室の奥行きに制限なく設置できますが、ロックに気付かず車両を発進させ、トラブルになる可能性があります。
スペースロックは構造上、路面がアスファルト舗装されていなくても設置できますので、遊休地の短期活用に適しています。
ロック以外にコインパーキング経営に必要な設備としては、自動精算機や精算機用テント、電照看板などがあります。それぞれのロックのタイプ別の参考価格ですが、自動精算機や精算機用テント、電照看板などの必要機器や設置工事、車止め、ライン引きなどの付帯工事もすべて含めて、フロントロックが215万円、センターロックが230万円、スペースロックが245万円となります。
したがって、自動車10台分を想定していらっしゃるのであれば、初期投資の必要予算は概ね250万円となります。
なお、弊社ではレンタルでの経営もご提案をさせていただいております。購入の場合よりも安価で経営が可能となっておりますので是非一度ご検討をいただければと思います。
コインパーキングを運営していて、トラブルによって機器のリースが中断されるようなことはありますか?
コインパーキングには、料金自動精算機を必ず設置します。場所の関係上屋外に設置となる場合も多いために、通常の範囲内においては、滅多なことで故障しないような構造となっておりますので、基本的にはあまり心配はいらないと言えます。
知人の方の場合は、落雷といういわば想定外の電圧が瞬間的にかかったことによる誤作動と思われますので、極めて稀なケースでしょう。
しかし、コインパーキングに関するさまざまな機器は電装品が多いために、当然ですが経年劣化による破損や突発的な不具合などのトラブルが絶対に発生しないという保証はできません。
自費での設置の場合は機器の故障はもちろんご自身で修理費等の支払いが必要となりますが、リース契約でしたら機器の不具合が発生した場合には管理会社に連絡をすると、適切な修理などのメンテナンスが受けられます。そのために、長期間の運営の中断は発生しないものと考えられます。
知人の方はたまたま知識をお持ちだったとのことですが、機器の内部には高圧の電流が流れる箇所もありますので、メンテナンスはリース会社に一任されるのがよろしいと思われます。
オーナー様のご心配が少なくなるように、トラブル対処はすみやかに行う管理会社が多いのでご安心ください。
土地活用で駐車場運営が人気なのはなぜですか?初心者にも簡単なものですか?
駐車場の運営が初心者向けといわれる理由は
・土地を選ばない。
・初期投資が低い。
・現状復帰や転用の気楽さ。
の三点が挙げられます。
まず駐車場は車が停められるスペースがあればいいので、家を建てる場合と違い少ないスペースから駐車場を作成することが可能です。
初期投資に関しては賃貸経営だと何千万円とかかるのですが、百万円前後から始められるのも人気の一つでしょう。
何より初心者向けといわれる理由が現状復帰や転用の気楽さにあります。質問者様もはじめに土地活用をするにあたって何通りかの案が出たと思います。
もしも賃貸物件を建ててしまった場合別の事業を行うとその賃貸をどうするか、壊すための費用をどうするか等問題が山積みです。土地販売をすることを考えると物件撤去の費用が掛かるのも困るし、物件のせいで購入が決まらないのも悩ましいでしょう。
しかし駐車場はパーキング機材などを撤去する程度で元の状態に戻すことが可能ですので費用も時間も物件賃貸に比べると大幅にリスクが少ないのです。以上が初心者に人気な理由であり運用上のメリットです。
デメリットとしては周りの人口や商店などの多さなどによって利用数の増減が決まることです。もしも田園や畑周辺にある土地の場合は利用者が少なくなることもありえますので、一度お問い合わせをいただければと思います。
駐車場機器をレンタルするにはいくら必要ですか?
まず駐車場経営においてそろえるべきコインパーキング経営で必要となる項目は以下のとおりです。
・駐車場で車を固定するためのセンターロックやフロントロックといった機器
・入庫・清算時に必要になる自動精算機、
・電照看板と精算機用のテント
・上記の設置工事
費用に関しては弊社でご利用いただく場合はレンタル料金は不要になり、お客様にはそれらの設置における工事代のみをご負担いただくだけでご利用いただけます。
つまりレンタル料金は無料、工事代のみのお支払いでご開業いただけます。
具体的な工事代金に関しては、お客様のご利用環境によって異なりますので、詳しくは一度弊社までお問い合わせください。
また機器の故障時のメンテナンスやお客様とのクレーム対応などに関しましても、お客様にご対応いただく必要はございません。専任の運営代行会社が未然のトラブル防止のための巡回パトロールはもちろん、24時間体制で保守管理体制をとっておりますので、トラブル時は迅速にご対応いたしますので、ご安心ください。
以上のように、初心者の方でも安心して駐車場経営をご開業いただけるような環境を整えさせて頂いております。
コインパーキングの経営を考えられているのであれば是非一度お問い合わせを頂けると幸いでございます。
コインパーキング経営のノウハウが知りたいです。
コインパーキング経営のノウハウを知りたいということですね。まったく経験がない方でも大丈夫です。
弊社ではオーナー様に代わって運営の代行も扱っております。
もちろん、万が一トラブルが起こったとしても24時間緊急出動いたしますし、クレームやトラブル対応、メンテナンスにいたるまですべてオーナー様に代わって運営業務を代行いたします。
また低コストのため、機器に莫大な費用をかけなくてすむので、どんな土地であったとしてもコインパーキングとしての活用度は広がりますのでご安心ください。また、設備などの準備はすべて会社が行いますので、費用0円で開業することが可能です。製造、メンテナンス、警備まですべて一貫したシステムとなっておりますので、毎月の売上の報告を行うだけでなく、運営委託費をのぞいた売上額はすべてオーナー様の手元へ入るような仕組みになっております。
コインパーキング経営は、より信頼のおける会社で、開業からメンテナンスにいたるまで細かいサービスと運営状況が把握できることが最も重要です。
せっかく経営を始めても、収入が得られないのであれば意味がありません。オーナー様が納得されるまで、きちんと説明し、管理や営業を代行いたしますので是非一度お問い合わせをいただければと思います。
駐車場経営は年間でいくらくらいかかるのでしょうか?
立地条件の良い場所に土地をお持ちですので、駐車場の経営をお考えになったことは正解だと感じます。
実際に詳細を確認する必要はございますが、周囲にも同様のコインパーキングがあり、どれも盛況であるという状況のようですので、お客様の土地も駐車場になさると効率的に利益をあげられる可能性は高いでしょう。
経営をご希望されるのはコインパーキングとのことですので、おおよその初期費用と年間にかかる費用について説明いたします。
駐車場を自営する場合には、機材の設置のために多額の初期費用が必要となります。
フロントロックやスペースロックといった駐車用の機器や、料金徴収に関する自動精算機などの機器代金、それらの設置代金、集客用の看板やライトが必要となります。
お客様の場合は土地が60坪とのことですので車8台分の広さとなります。その場合ですと、自営の場合は200万円程度の初期費用がかかります。
また清掃や、機器の補修管理などにその都度費用が発生します。
おすすめなのが、そういった機器導入のイニシャルコストをかけることなく、メンテナンスに関することや利用者や近隣とのトラブル発生時にも対応を一任できる、駐車場経営代行をご利用頂くことです。
弊社の場合は設備費用は弊社負担で違約金制度などもございません。運営委託費のみで収益率の高い効率的な経営ができますので、是非ご検討ください。
地主でないと駐車場運営はできないのでしょうか?
コインパーキングを運営するにあたって、土地を持っている地主であるかどうか、というのは実はそれ程重要ではありません。もちろん自分で土地を所有しているならそれに越したことはありません。
土地が無くても、まとまった頭金があったり資金に余裕があるのであれば、土地を借りたり、買い取ったりする事でコインパーキングを運営する事は充分可能です。
とはいえ、採算が合うかどうかの収益シミュレーションは必ず必要になります。シミュレーションの結果、お客様の資金状況などを勘案して利益が出ると分かった段階で決断して頂ければ大丈夫です。後の駐車場の運営や設備の設置やメンテナンスはこちらがすべて代行致しますので、お客様の手を煩わせる事はありません。
収益の上がる土地探しも重要ではありますが、長くお付き合い出来る業者選びもコインパーキング経営を成功に導く鍵とお考え下さい。中には悪徳業者もありますので、もしコインパーキングの経営をお考えなら、業者選びは慎重に行わないと後々痛い目を見る可能性もあります。
まずは、駐車場経営に少しでも興味が有るなら、一度弊社にご相談下さい。収益のあがる運営方法や駐車場経営に関する不安や疑問についてもお答え致します。
コインパーキング経営は儲かりますか?
ご質問の内容を整理しますと、下記の内容となっておりますので順に回答をさせていただきます。
・コインパーキングは儲かるのか
・運営時の注意点
・必要な資格
・機材購入が必須なのか
・手続やトラブル対応
まず、コインパーキング運営は儲かるのか。というご質問ですが、遊休設備の活用という意味では有益なビジネスモデルと言えます。
固定資産税がかかる土地を駐車場化することで、収益としていくことが可能です。資格に関しましても開業にあたって何らかの資格が必要になるというものではありません。 機器に関しましては、ご購入のみの場合はご自身でメンテナンスを行う必要がありますので、その分の手間は発生してしまいます。手間をかけたくないということであれば、メンテナンスを含む運営代行を依頼する形が良いでしょう。
トラブルとしては、無断駐車の問題や、機器の不具合、お客様同士のトラブル等がございます。
先述した運営代行であればクレーム対応も含めて対応が可能ですので、お任せいただいた方が望ましいといえます。
ご自身で知識を得られることは良いのですが、法的な問題から現場で起こる問題まで多岐にわたりますので、代行を依頼されるという形がよりスムーズに進められるかと思います。
また、近隣にコインパーキングがあっても、入出庫で車線が異なりますため必ず競合となるわけではありません。
弊社では機器の購入、運営代行、レンタル全て扱っておりますので、まずはお気軽にお問い合わせいただき、ご希望を承りながらご要望に合った運営が可能かをご相談させていただければと存じます。
将来建設予定の建物がありますが、最低どのくらいの期間で駐車場運営ができますか?
建設予定地での駐車場の契約期間については、運営する業者によって異なっています。
業者によっては、最低期間が数年くらいに定められているものがありますが、もっと短いものもあります。
例えば、契約期間が2ヶ月から3ヶ月くらいに設定されていて、その後は毎月契約を更新していくというスタイルになっているものもあります。ご質問の建設予定地についてですが、例えば突然明日から建設を始めなければならないと言うことはないでしょう。
いつになるのか分からないとは言っても、スケジュールの調整はできるはずですし、1ヶ月くらいなら支障を来さないでしょう。
このようなニーズに応えるためには、駐車場の運営のスタイルとしてはコインパーキングが適しています。
賃料などは業者によって異なりますからそれぞれ比較していくことは必要なのですが、建設予定地を空き地のままにしておくと、管理するためのコストが発生するという点に注意しなければなりません。
もちろん賃料は高い方が良いのですが、短期間の契約になると賃料は安くなることもあります。それでも、管理はすべて業者が行ってくれますから、駐車場自体が大きな利益を上げないとしてもトータルではプラスと考えられます。
弊社の場合はレンタルでのコインパーキングの経営も承っております。
この場合他社のリース契約並の料金で経営が可能となっており、途中解約での違約金も発生致しませんので一度ご検討をいただければ幸いでございます。
ご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
コインパーキングの運営には毎月どれくらいの費用がかかりますか?
駐車場経営は有効な土地活用として知られています。コインパーキングなどは経営の中でも簡単で取り決めもあまり厳しくありません。
また、コインパーキングは自動支払機など、基本的に自動で経営が行えるので、緊急時以外では比較的管理は楽です。固定資産税なども他の店舗経営などよりも安く済むため、気軽に取り組みやすいのもコインパーキングの運営の良いところです。
特に経営者としてのノウハウは必要なく、素人でも成功しやすい軽営業とも言われています。場所さえ良ければ定期的な収入が見込めることでしょう。
様々なトラブルが起こると思いますが、駐車場内で起こった事故などは当事者同士の問題ですので基本的に経営者が出て行く必要もなく、設置している機械の故障なども業者に委託しておけばそれで解決できます。
当社では運営の代行も行っておりますので気になりましたらご検討してみてはいかがでしょうか。
工事費用などですが、必要なものを一式揃えると安くても130万円程度かかります。
事業の展開には苦労がつきものですがコインパーキングの運営は安心して行うことができます。
弊社ではレンタルも行っており比較的費用は安価で可能ですので、いつでもご相談いただければと思います。
コインパーキングのメリットは?
コインパーキングのメリットは、その初期投資の少なさと管理のしやすさが最大のメリットとなります。狭い場所であっても有効に土地活用でき、ある程度収入を見込むことができます。
基本的にはアスファルトを敷いて、機器を導入できればすぐに始めることができます。そのため初期投資はアパートを建てるよりずっと少なくて済みます。長期にわたって経営するのであれば、装置は購入してしまったほうが良いですが、当社ではロック機構や精算機のリースを行っています。とりあえず始めてみたい方や、初期投資をとにかく少なくしたい方は、そちらをご利用して頂くこともできます。
土地活用としてコインパーキングを経営すると、収入が発生しているので節税対策にもなり、先ほどの初期投資については繰延資産として計上することができるメリットもあります。
この様に、上手に法律上の制度を利用することでかなりの節税も行うことが可能です。
管理については基本的には定期的な見回りと清掃を行うぐらいです。コインパーキングならば、常駐させておく管理人も必要ないので人件費や委託費などもほとんどかかりません。
また、弊社ではメンテナンス・保守も承りまわっておりますので、その場合はオーナー様は一切業務をする必要がなくなります。
経営に心配などがある場合は当社のスタッフが質問にお応えしますので、お気軽に問い合わせください。
コインパーキングに適している立地の条件は?
土地活用に悩んでいて、なるべく簡単で有効に活用できる方法を探している方は数多く、コインパーキングをその方法として活用している方も多くいらっしゃいます。手間がかからず、機械さえあれば導入できるという点では質問者様のご認識の通りです。
実際にコインパーキングに適している立地というのはいくつかあります。まずは街中、特に繁華街や駅前といった駐車スペースが慢性的に不足している場所ならば、確実に利用する方がいます。
路上駐車をしておくわけにもいけませんし、運転者が車内にずっといるわけにもいきませんのでそういった場所であれば比較的収益の出やすいコインパーキングとなります。
それほど町の中心部でなくても、近隣に駐車場付きの大型商業施設がないという条件ならば、コインパーキングで収益が見込めますが、大きな駐車場を持っている大型商業施設が近隣にある場合は、たくさんの利用者のために、かなりの台数の車を止めることができます。そういった施設では最後の帰りぎわに商業施設で買い物をすれば、割引券や無料券がもらえる場合が多いこともあり、そこに車を止めてついでに周辺の用事を済ませる方がたくさんいるのが現状です。 逆に大型商業施設のある立地で、十分に駐車スペースを確保できないという条件であれば、その施設の利用者が流れ込んでくる可能性があります。
一般的にどのくらいあればコインパーキングの開業が出来るか?
コインパーキングの開業をするためには、駐車場として使用する土地が必要です。
逆に言えば、土地があればやり方によっては初期投資を全くかけずにコインパーキングを開業することも可能です。
コインパーキングで必要な機器類としては、精算機やロック装置、看板、夜間用の電照看板などが挙げられます。
これらの機材の運搬費用や設置費用、調整費用のほか、駐車場のライン引きなどが必要になりますので、ロック装置3台あたりで130万円程度の初期投資がかかります。
すべてを購入すると、初期の費用は高額ですが、その後の売り上げは自分のものになりますので、高収入になるというメリットがあります。
一方、手持ちの資金が少ない場合には、初期投資が一切かからないレンタルがおすすめです。駐車場に必要な設備は全て当社で負担して設置し、台数に関係なく毎月の基本料と台数ごとのロック機器と委託費をいただきます。
運営管理費用は売上からいただきますので、高額収入の場合には既定の金額を、設置して間がなく、あまり収入がないときには売上の50%までを請求するシステムになっています。
契約期間の中途解約による違約金等の発生もありませんので、安心してオーナーになっていただけます。
コインパーキングを運営する上で大変なことはありますか?
土地活用としてコインパーキング式の駐車場経営を始める方は多くいらっしゃいます。
コインパーキングには自動改札や自動支払機などの方法で運営し、その機器を設置して始めることができますのでノウハウがなくても比較的運営はしやすいです。また、機器のトラブルやお客様からのクレームが発生したとしても業者へ委託することで解決することができます。
一般的なコインパーキングの運営方法としては、土地を全部業者に貸してしまって行う方法とご自身で全て管理される方法があります。ご自身で全て管理される場合はロック機器や精算機などのコインパーキングの機器の購入、土地の整備などの初期費用がかかってきます。土地によっては収益が変わってくるため変動的な要素から採算を考えなければなりません。また、ご自身で行う場合は駐車場内のトラブルや集金、清掃、広報、防犯などの管理も全て行う必要があるため、とても大変となります。
弊社では運用代行やレンタルも行っております。
運用代行であれば設備費用は全て弊社で負担させていただき、精算機や看板の利用料とロック機器の利用料のみを頂く形となっております。代行費用も売上が少ない時は売上の50%まで、売上が高い時は予め決まったロック機器と精算機などの利用料のみとなっておりますので、安価で手軽にコインパーキングの経営が可能です。
レンタルの場合は工事代のみご負担頂く形で直ぐにコインパーキングの経営が可能となっておりお客様が業務に関わる必要はございません。月額も他社のリース契約並の料金で途中解約時の違約金不要となっておりますので、安心してご利用頂けております。
ご自身で全て管理をするということは不可能ではないですが、運営をお任せいただければご自身で運営をされる場合の労力に対して非常に安価で運営が可能ですので、お気軽にお問い合わせください。
コインパーキング機器はどのようにメンテナンスすれば良いですか?
コインパーキングを運営する場合、全てご自分で購入をして工事などを依頼するという方法はやはり大変です。また機器の故障やトラブルが発生してしまうと自分で対処しなければならないことにもなります。
もしコインパーキングの機器などを購入した場合でご自身でのメンテナンスが難しいという場合はメンテナンス・保守のサービスがあります。弊社の場合は24時間警備、メンテナンス、クレーム処理も含まれています。そのため、こういったサービスをご利用されれば集金業務を除く駐車場管理業務委託費用が含まれるためオーナー様が業務に関わることはありません。
またコインパーキングの運営代行も可能で、土地を貸すだけという方法ではなく、設備費用は弊社が負担して運営委託費を除いた売上は全てオーナー様という方法が可能です。
それ以外にもレンタルも取り扱っており、工事代のみで少ない予算ですぐに始めることが可能となっております。メンテナンスなどでお悩みであればこの方法ですぐに開業できますし、レンタル機器の内容も選ぶことができます。
もちろん費用には設備償却費、24時間警備員、メンテナンス、お客様のトラブル対応、駐車場管理業務委託費が含まれていてオーナー様が業務に関わることはありません。
コインパーキングの運営をお考えなら、是非一度お問い合わいただければ幸いです。
駐車場を運営するのって難しくないですか?
遺産相続にて土地を有効活用される方は多くいらっしゃいますが、そのほとんどは駐車場運営をなされる方ばかりです。それは、好立地に駐車場を作ることで効率良く運営していくことができるからです。
駐車場運営には、大きなメリットがいくつも存在します。
(1)初期投資費用が抑えられます。アパートのようにハコモノを建設するわけではないため大きな資金は必要なく、特にコインパーキングまた収入も安定して入ってくるため、税金対策にも有効です。さらに固定資産税もマンションよりも断然安くて済むので、土地活用には最適です。
(2)駐車場の運営は決して難しいことはありません。お客様が心配されている経営が難しいかどうかという点に関しては、コインパーキングでは経営のノウハウは特に必要とされないため、全くの素人でも失敗することが少ないです。
また当社では、経営の代行サービスも行っているのでお客様は何のご心配もいりません。相続された土地が好立地ということですので、安定した収入源の一つとなってくれるでしょう。
駐車場経営の際にかかるコストですが、当社では一切オーナー様から資金を負担してもらうことはありません。設備費は全額当社が負担するので、資金が無くてもすぐにコインパーキング経営を始めることが可能です。是非一度ご検討ください。
駐車場メーカーに負けない駐車場運営をするコツはありますか?
すでに土地は所有なさっているということですので、駐車場の経営に必要なものは精算機と車両をロックする機器類のみです。
当社で取り扱っている機器類は大きく分けて三種類あり、出庫の確認のしやすいフロントロック、ライン内に設置することのできるセンターロック、アスファルトにしなくても設置でき、ロック設置の確認がしやすいスペースロックに分かれます。いずれも費用や設置スペース、特徴などに違いがありますので、駐車場予定地に合わせて最適なものをご紹介いたします。
また、大手メーカーに負けない運営をするためには、トラブルが少なく、便利に利用できる駐車場であることをアピールする必要があります。機器類の購入だけでなく、運営代行としてお任せいただければ、当社でこれまでのノウハウを活かし、他メーカーに負けない集客のための工夫を凝らしますし、24時間の警備や機器類のメンテナンス、トラブル対応なども行います。
運営代行の場合には、上記の機器類の設置費用もすべて当社で負担いたしますので、実質0円で駐車場の経営を始めることができます。売上から運営委託費を差し引いたものを報告付きでお渡しいたしますので、売上がアップするほど収入もアップします。
駐車場運営に必要な機器はどんなものですか?
コインパーキングの駐車場で必要になる機器等は実はそれ程多くはありません。
まず、必要になるのが、駐車してある車を固定するフロントロックやセンターロックといった機器が必要になります。ただし、センターロックは出庫時にロック坂がきちんと下がっているのを確認しないとトラブルが発生する可能性があります。そうしたトラブルを防ぐタイプとして、スペースロックタイプもあります。このタイプは、ロック装置が視認出来るのでトラブルが少ない他、下が必ずしもアスファルトでなくても大丈夫なので、短期遊休地でも活躍します。
また、精算や領収証、入庫証の発行のための自動精算機も必要となります。
その他にコインパーキングの駐車場を運営する上で欠かせないのが、精算機用テント・電照看板などがあります。これらの機器をすべて揃えて頂く必要は無く、リースやレンタルで運営する事も可能です。弊社でレンタルを頂く場合、オーナー様は駐車場として使用する為の工事費用のみをご負担して頂くだけで大丈夫です。
機器のメンテンナンスやクレーム処理も、運営代行会社が代行出来ますのでオーナー様がトラブルに対処させる事をなくすことも可能です。
コインパーキングの運営で毎日必要な管理業務は何がありますか?
コインパーキングの運営で毎日必要な管理業務としては、巡回警備業務が挙げられます。常時コインパーキングとして稼働しておりますので、現場に悪質な不法投棄や不正車両がいつあるかは予測することができない為、毎日の巡回業務が必要となります。この時にコインパーキング内の清掃を実施すると効率が良いです。また土地の面積や収益の額によっては、基本的に業務の内容が変わることはありません。
次に精算機については、機械設備のため、適時の点検やメンテナンスが必要になります。お金に直結する設備ですので、作動・目視確認は集金時に実施することが望ましいといえます。現金の取扱に伴う業務としては、精算機の領収書用のロール紙、駐車券等の補充が挙げられます。
365日稼働に伴う対応や様々なトラブルについては、基本無人経営のコインパーキングのため緊急駆け付け体制や連絡体制の確立により迅速に対応することが重要になります。具体的なトラブル案件として多いものは、不正駐車や盗難事故、車両の破損事故になります。防止策として実施する貼紙や監視カメラを設置しての写真・ビデオ撮影などの啓蒙活動も業務の一つになります。
このようにコインパーキングの運営や管理業務は、多岐に亘っており、また時間や内容的にも厳しい業務といえるので、信頼できる専門の業者に依頼することをお奨めします。
弊社では運営の代行も取り扱っておりますので是非お気軽にお問い合わせをいただければと思います。
コインパーキングの精算機のメーカーでメンテナンスに優れているところは?
コインパーキングを経営するに辺り、初めての場合は特にわからないことは沢山あると思います。
設置の方法、経営の方法、どんなメーカーがあるか、操作の方法等、そんなお悩みも基本的にはホームページを見ることですぐに解決することができます。それでも解決できない場合には、記載された電話番号やメールで連絡をするだけで、しっかりとしたプロの回答をもらうこともできます。身近な人に聞こうとしても、コインパーキングについて詳しい人も少ないかと思います。精算機やメンテナンスについてのメーカー、コインパーキング全体のことなど、総合的にみて、相談できるところを探すことが手っ取り早いでしょう。
コインパーキングの機器の詳細な機能、金額等の総合的な情報をについても知ることが出来るのはネットの良いところです。ホームページを見て、実物の写真を見て選んでみてはいかがでしょうか。それを選ぶ選ばないは本人の自由ですが、一度自分の目で確認してみるのも良いと思います。どんなメーカーがありどんな機器があるのか、料金はどの程度なのかを是非確認してみてください。
弊社ホームページでは機器の特徴や販売金額、レンタルや運営代行についてといったコインパーキングに関する様々な情報を記載しておりますので、一度ご確認いただき、疑問点などがあればお問い合わせをいただければ迅速にお答えをさせていただきます。
コインパーキングの機器は中古でも大丈夫?耐用年数はどれくらい?
最近、駅前や市街地を中心にコインパーキングを良く見かけるようになってきました。
逆に、従来まで一般的であった契約駐車場はあまり見かけなくもなってきました。これには理由があり、駐車場を契約から時間単位での貸し出しに移行することで、契約駐車場料金の滞納などが無くなるというメリットがあります。時間単位での貸し出しにすることで、車を出さないと料金もどんどん加算されていきます。
また、車を駐車場から出すためには必ず支払いをしないといけないため、逃走することもできません。こうしたことから、収益が安定して得られるためコインパーキングが増加しているのです。
中古機器を利用しての経営に不安を持たれる方は多くいらっしゃいます。しかし、コインパーキング駐車場が増加している背景には再生品での経営を行っているオーナーさんが多いことも、一つの理由としてあるのです。
再生機器を利用する場合、「再生品基準」をきちんとクリアしたものだけを利用して設置されるので、設置後に故障して修理したり交換するなどのトラブルはありません。また、自動料金精算システムの本体や器具・備品に関しての法定耐用年数は5年とされており、この耐用年数においても、基準をきちんとクリアしたものだけを設置しています。
より初期費用を抑えることは、駐車場経営においても大きなメリットなります。是非中古品での経営も視野に入れてはいかがでしょうか。
駐車場の遮断機はどのメーカーが使いやすいですか?
駐車場の遮断機のタイプやメーカーを知るには、ネットで探してみるのが良い方法です。
周りに駐車場の経営をしているという人も少ないのではないでしょうか。なので、実際の体験を聞くということは難しいでしょう。駐車場のメーカーのプロに頼むのが失敗のない方法です。
幾つもある業者から1つを選び抜くのも大変ですが、1度ホームページでどんな業者があるのかを確認してみてください。それによって、メーカーにごとの機器のタイプや料金についてで知ることができます。頼むか頼まないか迷う前に、どうぞ、プロの業者のものを確かめてみてください。それによって、悩みも軽減することでしょう。
更に、分からないことはその業者に聞くことによってすぐに回答をうけることも可能です。設置の方法から何から何まで、悩みを解消することが出来ることでしょう。素人ではわからないことはたくさんありますよね。だからこそ、プロの腕前や知識を感じていただければと思います。そして、ご自身に合った方法で駐車場の経営を進めていっていただけたらと思います。弊社では経験、知識が豊富なスタッフが揃っておりますので、是非一度お問い合わせください。
コインパーキングの機器はリースすべき?購入すべき?
まず機器をリースするか購入するかですが、長く続けるのであれば当然購入してしまったほうが安くなります。
今後お持ちの土地に家を建てる予定などがない場合は購入しても良いでしょう。
コインパーキングに必要なものは車体をロックするシステム、精算機、看板などの機器です。ロックするシステムにはいろいろな種類のものがあります。最も普及しているのがフラップ板タイプで、設置撤去が容易です。一般的にはアスファルト舗装が必要ですが、車体のフロントガラス前をロックするスイングロック・スペースロックのようなものもあります。立体的で大きな装置となりますので、駐車スペースを大きく取らないというデメリットもあります。駐車ラインを明確にするためにもアスファルト舗装しておいたほうが無難でしょう。
精算機の価格は50万円程度です。1日5000円程度の売り上げがあれば、3ヶ月ほどで回収することができます。駐車台数が多ければ多いほど早く回収することが可能でしょう。また駐車場に自動販売機を設置するのも良いでしょう。直接的な利益にはなりませんが、歩きで通った人が利用してくれることもありますので、付帯ビジネスとしては魅力的です。駐車場経営には電気代がかかりますので、節電対策も必要です。監視カメラなどの防犯もしておくと安全です。駐車場が空いているかどうかを知らせる看板があると、利用客も増える可能性があります。
今後別の形で土地を使用するかもしれないというのであれば、弊社ではレンタル形式での駐車場経営も可能となっております。
レンタルでは工事代のみをご負担いただき、リース契約並みの料金で違約金なしの途中解約も可能となっております。費用面で心配している、途中解約になるかもしれないけれど違約金が心配等といった場合も、是非一度お問い合わせください。
時間貸しの駐車場経営のメリットとはなんですか?
コインパーキングのような時間貸しの駐車場経営でのメリットとしては初期投資が少なくて済み、駐車場経営が手軽に始められることが挙げられます。コインパーキングとしての土地活用はハードルが低く、月極駐車場よりも毎月の収入が安定しやすいのも特徴です。コインパーキングは設置が容易であるため、遊休している土地の一時的な利用方法として利用することができます。
更に、駅前などの少しの時間だけ駐車したい人が多い土地であれば収入が多くなることもあり得ます。駐車場経営には様々な形態がありますが、需要が大きいと予想される場所ではコインパーキングのような時間貸しの方が収入が多くなることもあり、土地を他の用途で利用したくなった時でも容易に設備を撤去できるのもメリットの一つです。
また、設備投資を自分で行うことも可能ですが、企業に委託し初期投資をゼロで駐車場経営を開始することもでき、遊休している土地を借りて本格的な駐車場経営も選択可能なのが時間貸し駐車場経営の大きなメリットです。このように経営の選択の幅が大きくあるため、景気や地域の人口の変化に応じて規模の拡大縮小を自在に行うことができ、ノウハウもほとんどなしでも問題なく経営できるのが魅力です。
駐車場経営にまつわる税金について教えて下さい。
駐車場経営では、その土地を1月1日現在所有する人に対して、固定資産税がかかります。その所在地の市町村役場から課税されてきますが、その土地の固定資産評価額によって課税額は異なります。
コインパーキングで駐車場経営を行う際には、その収入について必ず確定申告を行わなければなりません。このとき、白色申告でもいいのかあるいは青色申告にしないといけないのかは税務署からの指導などもあるので、それを元に行動することが大切です。もし、青色申告をしなければならない場合には、コインパーキングで毎月一定金額以上の収入が見込まれるときですが、デメリットばかりではなくメリットも存在するものです。控除額が利くため、所得税に一定の減税効果が得られるでしょう。
なお、青色申告には10万円の所得控除しかできないものと65万円の控除が利くものの2種類存在しています。65万円の控除の場合は、帳簿などをしっかりと残すなどの対応が求められます。
その他税金としては相続によって取得した場合は、相続税の対象になってきます。その土地の路線価によって変わるもので、その目的が駐車場経営であろうと違う目的であろうと、同じように計算されて課税されるものです。
この他に気になることなどがございましたら問い合わせフォームや電話での問い合わせも承っておりますので、お気軽にご相談ください。
駐車場経営のメリットとデメリットについて教えて下さい。
コインパーキングなどの駐車場経営によるメリットとデメリットは様々ありますが、主な駐車場経営のメリットは管理に伴うリスクが賃貸経営者などと比較するととても低く、また、開業費や修繕費がほとんどかからないという点です。
例えば、賃貸経営であれば建物の経年劣化による修繕費が経営の収益を圧迫するわけですが、駐車場経営ならば地面を更地にしてコンクリートで固めればよいわけです。
そして、駐車場経営のデメリットは建物を建てる場合と違って、税金などの税制上の優遇措置がほとんどない点です。また注意点は、立体式駐車場の場合は「建築基準法」などの法令上の制限がありますので建設前に確認が必要な点です。
そして、駐車場経営は土地を単に所有しているだけでは毎年固定資産税などの徴税にあうため、土地を更地にしてコインパーキングなどを建設することによって、徴税額を削減する上に経営収入として入るので節税することが可能です。初期投資の開業費は、繰延資産として計上することができるので税務上の扱いは特別で非常に便利です。そして、繰延資産で計上し確定申告することで法人税を削減することができ、通常の費用として計上するよりも節税することができます。
駐車場経営でしっかり稼ぐためのコツはありますか?
近所にマンションなどが建ち始めたとのことで狙い目としてはいいですが、それだけでは需要があるとは限りません。まずは周辺の賃貸駐車場の数を把握し、稼働率はどのくらいか等、綿密に調査された方が駐車場経営を成功させる上では大切な事です。
コインパーキングについては、ゲート式にした方が一台一台機械を設置しなくていいのでコストが安く済むと思われがちですが、ゲート式駐車場の精算機の費用はパークロック式の精算機と比較すると機器の設置額が倍以上すること、一台一台機会を設置しない代わりに土地自体を隔離する為のフェンスや壁を作る必要がある事等、場合によっては高くつきますので駐車場の規模等を考えて選択されるのがいいと思います。防犯に関しても、ゲート式なら照明や監視カメラの設置が必要だと思うので、そこはしっかりされた方が周りとの差別化にもなります。
そして駐車場経営を始めるにあたって一番の関心事である金銭面については、コインパーキングの設置費用をご自身で全て負担できるのなら料金を決めるのも全て自分の思い通りですが、パートナー会社に頼んで設置費用から管理まで任せるのであれば、駐車料金や売上の収入については業者と決める事になります。思い通りにしたいのなら、自分で出せる資金やどこまで業者に任せるのか等、しっかりと計画を立てるべきです。
利益がどのくらいかについても、上記で説明してきたように自分でどれだけのことができるのか、周辺のコインパーキングの相場や稼働率など、総合的に判断する必要がありますので、不安なら駐車場経営を始める前に一度しっかりとシミュレーションされることをお勧めします。
その他にも弊社では駐車場経営で気になることがございましたら、問い合わせフォームとお電話で対応をさせていただいておりますので、お気軽にお問い合わせください。
駐車場経営のビジネスモデルについて教えて下さい。
商業施設に向かない場所であっても駐車場経営は可能ですが、コインパーキングで売上をあげるには徹底的な周知で集客する必要があります。どんな特徴の場所でも、利用者の目的地からコインパーキングの動線上に誘導看板を設置する事と、インターネットサイトに掲載する宣伝方法が有効です。
しかし、その土地のある場所の特徴によって、料金と時間の設定やその他の集客方法が変わります。
住宅やマンションの多い場所の場合、主な利用者は個人宅への訪問客になります。訪問先の人が利用者へ教えてくれるので、近隣住宅へチラシのポスティングで周知する事がもっとも有効な宣伝方法になります。
料金設定はリピーターを意識して1時間単位の低い料金設定にして一日の上限金額を設け、夜間料金を安めに設定します。
飲食店街や歓楽街の場合は、近隣の店に割引券を配ったり、コインパーキングの1時間無料券を買って貰らったりする事が有効です。この場所は大体18時から2時に利用者が多く、この時間帯は短い時間で区切った料金設定(同じ1時間600円でも10分100円だと安く見え、50分の利用場合は実際安い)で高めの単価にします。
商店街やショッピングモールの近くであれば、土・日の商店街やショッピングモールの営業時間に合わせて高めの値段設定にします。
このように、駐車場経営のビジネスモデルを当てはめるには、土地のある場所の特徴をつかむ事が何よりも大切です。
コインパーキング運営会社に業務の一部を委託し、場所に応じた宣伝方法で近隣に周知ができれば安定した駐車場経営が可能となります。
駐車場経営・運用時の具体的な業務内容について教えて下さい。
個人で駐車場経営する場合、土地の整地や舗装・歩道の切り下げなどをまず行う必要があります。
更に業務内容としては清掃ばかりでなく、収支計画の策定や利用促進・料金回収・巡回や保守点検、そして防犯対策などを行う必要があります。これらを個人で行うには少々大変になります。
ご相談を頂いたように狭い土地やいびつな土地では月極の駐車場よりもコインパーキングの方が良いでしょう。24時間使用されるものですので、急なトラブルに備えて定期的なメンテナンスも必須となります。
駐車場経営をする資格は必要ないとはいえ、簡単ではありません。
ならばサービス会社による運営代行を使用されるのが良いかと思います。コインパーキングはあらかじめ提示した時間単位の駐車料金を、精算機で支払うものです。そして保守点検や24時間の巡回パトロールを行い防犯対策までも行われます。運営代行の場合、オーナーは機器の設置等、工事などの初期費用や経営リスクをすべてサービス会社が負担し、サービス会社側にも借地権や営業権は発生はしません。ただし、立体駐車場を建設するときは建築物として、建築基準法の適用を受けることになります。
弊社では運営代行以外にも工事料金と機器の料金のみでコインパーキングの経営も出来るレンタル方式も取り扱っておりますので、是非一度ご相談をいただければ幸いです。
駐車場経営を始めたいのですが、周囲にはどのように説明したら良いでしょうか?
駐車場経営に限らず、新しい事業を始めるときに周囲に説明して納得してもらうことは重要です。周囲の人に反対されていては、事業に集中できず成功はおぼつきません。
他人に分かりやすいように話をすることが得意ではないとのことですが、その場合は明確な数字を提示することで理解を得られやすくなります。駐車場経営をする上での費用と収入を数字で説明するのです。初期費用と人件費を計算してリスクがないということは、その費用を捻出するだけの資金が用意できているということです。その資金に対して得られる収入が計算できれば利回りが算出できるので、駐車場経営をすることによって得られる収入を計算しましょう。
コインパーキングの場合、どれだけの数の車が何時間利用するのかが肝要になります。例えば、近くのスーパーに買い物に来る人をターゲットにしているのであれば、そのスーパーに来店する客の数や滞在時間を調べ、コインパーキングに駐車してもらった場合にどれだけの収入があるかを予測するのです。この調査費用も初期投資に含めることを忘れてはいけません。
そして、調査した内容から予測収入を明確にして、駐車場経営を始めた場合の収益を数字で示しながら周囲の人に説明します。調査結果とそこから導き出される予想収益額があれば、説得力が増すのです。
また、当社の運営代行であれば設備費用は全額当社で負担をさせていただきますし、レンタルであれば工事代のみのご負担で駐車場経営が可能となっております。電話問い合わせも承っておりますので、駐車場経営に関する事でご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
駐車場経営を始めた後の管理はどのように行ったら良いですか?
駐車場経営の中でもコインパーキングの経営をするにあたって、大まかに2通りの方法があります。
1つは、コインパーキング事業者に土地を全部貸してしまう方法です。
借地として一括で貸したり、一部を月極にして残りを一括で貸すなどの方法があります。
事業者は月極駐車場の近隣相場より高めの家賃で借りてくれますし、何の管理をしなくても近隣相場より高い安定した地代の収入を得ることはできます。しかし、コインパーキングとしての需要が見込めないと、借りてくれる事業者も少なくなってしまいます。
2つ目は、自身でコインパーキングの機器を設置して駐車場経営を行う方法です。
当然、初期費用がそれなりにかかりますし、立地によっては収益が大きくなりますが、逆に月極駐車場にした方が良いこともあります。また、駐車場経営に伴う管理も多岐にわたり、駐車場内トラブルの対応、集金、清掃、広報、防犯等、非常に大変です。
そこで、一部若しくは全部を業者に依頼することも可能です。
集金システムのメンテナンスは、その集金システムを設置した業者に依頼することになりますが、管理・運営代行の業者は沢山ありますので、自分にあった業者を選ぶことができます。
駐車場運営代行業者を使うメリットは、トラブルや料金を払わずに出る利用者等の対応を任せられる事にあります。トラブルがあれば昼夜を問わず出向かないといけませんので、緊急連絡先に業者の電話番号を記載すれば業者が対応してくれます。また、集金や清掃、販促品の掲示等も依頼すれば、遠方であっても駐車場経営が可能です。
駐車場経営を始めるにはいくらぐらい必要ですか?
駐車場経営といってもさまざまな形がありますが、もっとも手軽に始められるのがコインパーキングです。
コインパーキングは時間割による駐車場経営であり、都会など駐車場が少ない場所では需要のあるものとして知られています。また駅周辺などでも需要があり、相続した土地などを活かしてコインパーキングによる駐車場経営をはじめる人も多く居ます。
コインパーキングによる駐車場経営をはじめる場合には、機器の設置や土地の整備のための初期費用が必要になります。基本的な仕組みとしては精算機を設置して、利用者はその精算機にお金を入れることで料金を支払うというものです。この際にに駐車した自動車が簡単には出られないように機器を設置することになりますが、この機器はフラップ式駐車場とゲート式駐車場があります。
フラップ式駐車場の場合には駐車スペースにフラップ(板)が跳ね上がるようにしたもので、精算機で料金を支払うとそのフラップが下がるものです。一方でゲート式は出入り口にゲートを設けるものになります。ゲート式駐車場のメリットとしては駐車台数の多い自動車を停車させるのに有効ですが、デメリットとしてはそれなりの広さが必要になるということです。一方でフラップ式駐車場は狭い場所でも設置可能であり、数台程度でも駐車場経営が行えるというメリットがあります。
初期費用はアスファルト舗装や精算機のやロック装置などの機器、看板の設置等を含めると最低でも130万円程度からとなります。
弊社ではレンタルや運用代行も承っており、購入と比較すると遥かに安価でコインパーキングの運営が可能となりますので、一度ご相談をいただければと思います。
駐車場経営とは具体的にどのようなものですか?
有効な土地活用として、駐車場経営をされる方は多くいらっしゃいます。実家からの遺産として良い条件の立地にある土地を譲り受けたら、コインパーキングなどの簡易で縛りのない駐車場経営は友好的な活用方法でしょう。
コインパーキングは、自動改札と自動支払機がありますので、何か緊急のトラブルでもない限り通常の駐車場運営と比較して管理は楽になります。収入も居ながらに入り、税金対策としても役立ちます。固定資産税も安く済み、同じ土地活用でもマンションや店舗などを持つより気楽に取り組めます。
駐車場経営主としてのノウハウは特に必要とされないので、素人でも成功しやすいのも特徴で、立地さえよければ、定期的な収入源となるでしょう。駐車場内での事故も当事者同士の責任と謳うことで回避できますし、よほどトラブルは起こらないものと思われます。コインパーキングでは、両替や出車による機械のトラブルなどが予想されますが、それも業者に委託することで解決できます。世の中では土地活用に苦労している人は多いですが、コインパーキングの経営であれば、安心して事業を展開できます。
弊社では運営代行も行っており、24時間緊急の出勤やクレーム対応も承っておりますので是非一度ご検討ください。
投資として駐車場経営を始める場合、知っておきたいことはありますか?
投資として駐車場経営を考えているのであれば、基礎知識を知ったうえでどんな駐車場にしたいのかを考えてみると良いでしょう。
まずは月極め駐車場にするのか、それともコインパーキングにするのかという点があります。
コインパーキングであれば、数台分の土地があるだけでも、駅近くなどの場合には効率よく稼ぐことが出来るようになりますので投資には最適です。
駐車場経営では値段設定をする時にも注意が必要です。
値段を高くしておけば、必ずしもたくさんの収入を得られるわけではありません。近隣のコインパーキングの相場よりも高く設定してしまえば、客入りが悪くなってしまいます。ほとんど利用されないとなると、収入を得ることが出来なくなりますので、出来るだけ相場に合わせるように値段設定をすることです。
駐車場経営をしていく上で必要になる経費としては、運営委託をする場合です。
駐車場経営の運営会社に任せることによって、トラブルが起きた時でも自分で対処をしなくてもいいですので、素人が経営する場合には運営委託をしておくようにした方が安心です。
運営代行料金についても弊社では売上げが低い場合は売上げの50%まで、売上げが高い場合は基本料金とロック装置の費用のみとなっておりますので安心してご利用頂けます。
気になる点やご不明点がございましたらお気軽にお問い合わせください。
土地を駐車場として経営するための初期費用はいくら必要でしょうか?
まず駐車場経営についてですが、これは完全に個人で行うのか、それとも外部の会社に運営を代行してもらうのかによって違いが出てきます。
駐車場経営にかかる初期費用は土地を使える状態にするコインパーキングの場合ですと、一般的には必要な機器の購入や工事費用がかかってくるのでかなりの額になります。
リース契約の場合は購入やレンタルと比較すると安価ではありますが、途中解約時には違約金がかかるというデメリットがあります。
さらに駐車場経営で大切なのは利用者がいることですが、駐車場はただ場所を貸すだけではなく、それを商売にする場合は責任問題も関わってくるので、自分がどういった方向性で行いたいのかを明確にする必要が出てきます。
一言で駐車場といっても種類が多いですし、経営の方法もさまざまなものがあるので、漠然としたものでは数値を出すことは不可能です。
また経営となれば税金の問題もありますので、税理士や会計士といったところに相談に行ってみるのもよく、完全に個人事業にするのか、運営を代行するのか、また機器も購入かレンタルかをしっかりと考えることが大事になってきます。それゆえ家族の説得はそれらの問題をクリアしてからで、まずは方向性について決めることが必要です。
なお、弊社の場合はレンタルならば工事代金のみの費用となっており、月額も一般的なリース料金並の低価格で設定をさせていただいております。
もちろん、途中解約時の違約金もございませんので安心してご利用頂くことが出来ます。
また、弊社の運営代行の場合は機器の費用は全額弊社で負担をさせていただいております。
かかる経費は月々の代行費のみとなっておりますので初期費用でお悩みの場合は是非一度ご相談ください。
駐車場経営のメリットとデメリットについて教えてください。
コインパーキングの駐車場経営をご希望のようなのでコインパーキングについてご説明いたします。
まず、駐車場の整備・工事をおこないます。設備は土地の形態や広さに応じて設置します。開業後は設備の適宜点検・修理を行い、お金の管理を行います。個人ですべて行うのが大変な方には業者と契約すれば工事・施工その後の管理まで全てとりおこなってくれます。オーナーは収入の一部を業者に払います。
次に駐車場経営のメリットとデメリットですが、まずはメリットからご説明いたします。
1つ目に少ない資金で開始できることです。マンションやアパートのように建物の建設費用がかからないので低コストで作ることが出来、高収入な場所だと投資金の回収が早くできます。
2つ目に収益があることです。更地のままだと収益もなく税金を払うばかりですが、駐車場にすると収入になります。
3つ目は土地の転用がしやすいことです。将来家を建てたいとかマンション経営がしたいと思った時に建物がないので安易に転用出来ます。
次にデメリットですが、1つ目に収入が場所に左右されやすいことです。集客の多い地域だと高収入が見込まれますが、道路や土地が狭いと駐車しにくく敬遠されがちになるので注意が必要です。
2つ目は税制措置が優遇されないことです。建物がないので固定資産税の優遇がありません。駐車場経営の痛いところだと言えます。
駐車場経営を法人化することによるメリットとデメリットはありますか?
広い土地を持っている方は多くおり、そういった方の中でも特に何の用途にも使用していないという人も珍しくありません。そのため、土地を遊ばせておくのはもったいないということで駐車場を作って、少しでも利益を得ようと考える人もいます。そういった場合には、法人化せず、個人として副業的に駐車場経営をする人が多い傾向にあります。
その理由としては、ある程度利益が出ていないと、デメリットの方が多いためです。
まず、法人の場合は駐車場経営だけの簡単な事業でも、決算をしなければなりません。その際に貸借対照表や損益計算書など財務諸表を作成する必要があります。これがかなり手間になります。
また、法人税や法人市民税は利益に税率を乗じて税額を算出する部分と、一律に一定額かかる部分があります。規模が小さいと利益もそれほど大きくなりませんが、その場合には一律に一定額かかる部分が大きな負担になります。
そして、駐車場経営で法人化する場合のメリットとしては、自ら社長になることができるため、社会的地位としては会社役員になります。一般的に個人事業主より肩書きとしての信頼性が高いというのが最大の利点でしょう。また、法人化すると会社役員になれることから、自ら社会保険にも加入できます。
駐車場経営のトラブルをなくすにはどうすれば良いですか?
前者の料金踏み倒し問題は、駐車場経営者や警備者が巡回することで防ぐことができます。
それ以前に、駐車場経営をするには駐車機器や料金装置の仕組みをよく把握し、事前に防犯対策を施すことで解決できるケースが多々あります。
駐車スペースの間隔を広げたり、間仕切りをすることで二台駐車スペースを利用することを防ぐことができます。
金属カバーを踏板の上に被せる方法は、踏板を大きくすることで防ぎます。乗用車に簡単に積載できる大きさにはしないことです。
後者の料金に関するトラブルは、集客だけでなく事故防止も含めた看板表記でクレーム事故を防ぎます。
安さの宣伝でなく、誠実を宣伝することで防ぎます。看板に、大きく目立つように、『一日限り』や『釣銭は出ません』などの表記をしておく必要があります。料金に関し誤解を招くような表記は避け、わかりやすい具体例などを併記しておくと一層良いでしょう。
最後の誤支払によるトラブル防止は、利用客が別の駐車スペースの料金を支払わないように、料金支払機に駐車見取り図を掲示しておくと良いでしょう。また利用者が自分の駐車しているスペースがわかりやすいスペース配置をしておく必要があります。無人で行う駐車場経営無人で行う契約であることを理解し、誤解を招かないようにしなければならないからです。
駐車場経営をする際に加入すべき保険はありますか?
駐車場経営において損害保険はいくつかありますが、必ず入らなければならないものではありません。
実際に起こっている駐車場内での車同士の物損事故の責任は当事者同士での話し合いで、駐車場側の責任にはなりません。しかし、何かの問題が起こった場合に備える為に賠償責任保険を検討されるのでしたら、その駐車場の設備内容や規模などを考慮して加入をするかどうか決定します。また駐車場経営の内容によって変わってきます。
今回は時間貸しと言う事でコインパーキングを例とすると以下の通りとなります。
1.自動車管理者賠償責任保険
この保険は加入対象が駐車場を管理する者が常駐する場合の有人の駐車場経営の為、無人のコインパーキングの場合では加入対象外となります。
2.機械賠償責任保険
機械を使った駐車設備例えば立体駐車場などの設備に不具合が原因で起こった原因での事故や損壊に対して保証されます。
3.施設賠償責任保険
駐車している車や施設自体の損害に対する損害保険ではなく、内部の設備などが原因で止めてある車や人が損害を被った場合が対象となる保険です。例えば台風や強風などで、看板などが吹き飛び止めてあった車にぶつかった場合が該当します。この場合は無人であっても適用されます。
駐車場経営は1台分からでもできますか?
駐車場経営をしていく上では、たった1台分しかなかったとしても、経営をしていく事は可能です。
駅近くという事なのであれば、なおさら利益を上げやすくなるでしょう。
しかし駐車場経営で気を付けておかなくてはならないのが、いくら駅近くの場所であったとしても、車の通りが多い面に接しているかという事があります。
車の通りが少ない路地裏の場合には、その場所にコインパーキングがあるか気づいてもらうことが出来なくなってしまうからです。
いくら値段設定を安くしていたとしても、車からその場所を確認できなければ利用者を増やすのは難しくなります。
駅近くだからと言っても必ず利益を得られるとは限らないと考えておきましょう。
もちろん駅近くで車の多い場所であれば1台分のスペースしかなかったとしても、数十万円という利益を上げることが出来る場合もあります。
数十万円もの収入を得ることが出来れば、経営委託をしていたとしても、手元に残るお金はかなりの額になります。
駐車場経営始める場合には、賃貸アパートなどを経営するよりも、初期投資がかなり少なくなるので、始めやすいものです。
土地をうまく活用できるように、料金設定、時間設定をよく考えて行うとより利益を出すことが出来ます。
駐車場経営の具体的な業務内容はどのようなものですか?
まず、土地の広さですが100坪程度あれば駐車場経営に問題ない広さだと思います。
詳しい土地の条件を拝見してみないとはっきりとは言えませんが、駅前であれば需要もあると思います。
クリーニング店経営と検討されたとのことですが、人を雇いたくないのであれば、駐車場経営のほうが向いているでしょう。コインパーキングの経営ではほとんど人を必要とする場面がないので、ご自身のみでも経営できます。
業務内容としてはそんなに複雑ではありませんが、お察しの通り、駐車場を作るのにも初期投資は必要になります。
まず土地の状態ですが、平らな土地なら問題ありませんが、建物が建っていたり、激しい凹凸のある土地は修正が必要です。また、今はコインパーキングはコンクリ仕様が主流です。その他にも、オープン後には掃除などの管理が必要です。
業務委託も考えているのであれば、専門業者に委託してしまったほうが安心できると思います。
機材の管理や、宣伝広告、掃除など細かなところまでフォローしてくれます。駐車場内でのトラブルなどの対応もしてくれる業者もあるので、オーナーとして利益のみを得ることができます。
専門業者には、それなりの知識や実績があるので、素人が無理して経営するよりも、利益を生み出してくれる可能性もあります。
駐車場経営を開始した後の管理方法にはどのような種類があるのでしょうか?
コインパーキング方式の駐車場経営を始めたいというお話ですが、その場合には、駐車場管理会社と契約して、そこに駐車場の運営管理は一切委託してしまう、という形になるのが一般的でしょう。
つまり、駐車場経営といっても自分で自主管理するわけではなく、駐車場の管理会社に土地をそっくり貸してしまって、その会社に駐車場の運営を行ってもらい、地主さんはただ土地の賃貸料を毎月受け取るだけ、ということになるわけなのです。
要するに、建設会社に資材置き場として土地を貸していた場合と全く同じで、駐車場経営とはいっても、実際にはただ土地を貸して地代を受け取るだけで、そこで行われている事業がコインパーキングである、というだけのことですから、ご自分で何かをしなければならない、ということではないのです。
最近、無人システムであるコインパーキングが増えてきたのは、道路交通法が改正されて駐車違反の取締りが厳しくなったために、ドライバーが短時間でも駐車場に車を止めるようになった、ということが大きく影響しているようです。
このために、わずかなスペースであっても、コインパーキングとして運用することのできる土地があれば、それで地代収益が得られることになりますし、その運営も専門の駐車場管理会社に委託してしまえばいいだけなので、コインパーキングを始める人が増えてきている、というわけです。
土地活用のため駐車場経営をはじめたいのですが、家族や周囲を上手く説得するにはどうしたら良いでしょうか?
駐車場経営に関しては個人で行う、信用できる会社に代行を頼むなど、方法がいくつかあります。
まずはどういったやり方で行うのかを決めることが重要になってきます。反対している家族に対して説得を行うのなら、まずはご自身がどういった形で駐車場経営を行うのか、それを明白にしておく必要があります。
またこれまでアパートの経営状態がどういうものであったのか、黒字か赤字か、さらに建物の建て替えにいくらかかるのかを数値として出すことが大切になってきます。頑なに反対されている場合、数字としてデータを見せれば説明しやすいですし、これは駐車場経営に関しても同様のことが言えます。説明するためにはデータを見せた方が説得力が増してくれるはずです。
そして代行を考えている場合はその会社についても話す必要が出てきますので、こちらに関してもパンフレットなどの資料を用意しておくこと、そういったことが大切になってきます。
経営というのはどんなものでも絶対ということはなく、未来がどうなるかは誰にもわからないものです。それゆえ本気で行動しようと考えているのなら、専門家に相談して間に入ってもらうことも大切になってきますので、そういった方面も考えにいれてみてください。
既存の土地活用と駐車場経営を連携させるにはどうしたらよいですか?
立地条件のよい土地をお持ちのようなので、駐車場経営に土地活用するというのはとても良い判断だと思います。
アパートなどの賃貸物件を用意するのに比べ、設備投資も比較的安価に済ませることができますし、利用者が多く見込めるのであれば副収入としても十分に役に立てることができると思います。
駐車場としての土地活用への連携方法ですが、自力でコインパーキングの設備を用意するのも一つの方法ではあります。しかし、土地が広く、用意する設備の数が増えるとそれだけ負担も大きくなりますので、まとまった費用が必要になってしまいます。
また、すぐに出向くことができる場所ではないとのことですので、トラブルがあった際の対応方法も検討しておく必要があります。
そこで、駐車場経営の運営代理を行っている業者に相談してみるのはいかがでしょうか。
普段の管理やメンテナンスを一括して任せることができるますし、設備も合わせて用意してもらうことが可能です。
駐車場経営のノウハウや知識、経験がなくても、気軽に相談することができますし、利益をよりあげるためのアドバイスも得ることができるのが利点です。
業者によっては設備を無料で用意してくれるというところもあるので、設備投資の負担を軽減することにもつなげることができます。
駐車場経営で想定されるトラブルはどのようなものがありますか?
駐車場経営をする上で考えられるトラブルの一つが、駐車機器の破損です。
特にコインパーキングの場合はその場でお金の管理をしているだけでなく、無人で経営しているのでトラブルがあったとしてもすぐに気づく事が出来ません。その為、器物破損によって駐車場料金を全て盗まれてしまうという事も多々起こっています。
壊れた駐車機器は修理したり新しいものと交換すれば良いのですが、何度もそれを行っていると損害額もかなり大きくなってしまいます。
そもそも駐車料金の窃盗に遭ったままにしておくと、今よりももっと重大な問題に発展してしまう可能性もあるので、窃盗被害に遭ったときは必ず警察に通報しましょう。
それ以外で想定されるのが、駐車している車同士のトラブルでしょう。
ぶつけた、傷をつけられた、車上狙いに遭った等、様々なことが予想されます。
さらにそこを利用する人が近隣の人に迷惑をかけてしまうなどもあり得る話ですが、これを素人が一人で解決することはほぼ不可能だと思っておく方が無難です。
費用は発生してしまうので駐車場経営で得る事が出来る収入は減ってしまいますが、警備会社と契約しておく方が良いでしょう。そうすれば、万が一何か起きてしまった時でもすぐに対応してもらう事が出来ます。
また安心して駐車場経営をしたいのであれば、防犯カメラの設置と夜間に駐車場を明るく照らす、こういった工夫も必要でしょう。
駐車場経営を始める前の勉強方法はどうしたらよいですか?
ご質問ありがとうございます。駐車場経営について学習なさっているのですね。すでにインターネットでもいろいろな情報を見ているというのならば、もしかしたら自分で思っているのよりも知識は多いのかもしれません。
実はインターネットで駐車場経営について勉強する、というのは、非常にいい方法でもあるのです。
手軽に始められるのはもちろん、簡単に進めることができますし、雑多で噂レベルのことでもありますが、非常に幅広い情報を得られるでしょう。
ただ、もしそれ以外で勉強を、と考えるのなら、オーナーとしては他の方法もあります。
ひとつは専門家に質問することです。特に土地活用で駐車場経営というのは悪いことではありませんので、それぞれのオーナーさんによっての考え方も違いますが、なるだけ専門家の考えや第三者的なものの見方を知ることで、より的確な判断ができますし、知恵もついてくるでしょう。
もう一つは専門的な書籍です。これは駐車場経営について詳しく書かれている書籍を購入し、一読する方法です。地方でもネット書店などで良い書籍を取り寄せることができますし、書店で調べてもらって取り寄せるのも方法です。いろいろな書籍がありますので、なるだけ評判の良い書籍を選びましょう。
駐車場をオープンするまでにどのくらいの期間が必要ですか?
使う機会の無い不動産の活用で、コインパーキングを考えているとのことですね。
確かに駐車場経営に関してはアパートなどの物件を建てるよりも低予算にて運営することができます。
固定資産税はかかりますが、それ以上に利用者からの売上げを計上できるために、駐車場経営は効果的な不動産投資方法として実際に活用されています。
不安に感じている依頼からオープンまでのスケジュールや期間に関しての詳細では、コインパーキングの場合では地面にアスファルトを施工することになります。専用の精算機から駐車した自動車をロックする機器の設置、照明機器の設置なども必須アイテムになるために、全ての期間を計算した場合では、オープンまでに約3週間程度を必要とすることが一般的です。
コインパーキングならば、駐車場経営の方法の中でも事前に集客する必要が無いというメリットを持っていて、運営上として大切になることでは、駐車場の敷地内を定期的に巡回して、綺麗な状態に施す方法や、精算機など各種機器類のメンテナンス作業が必要です。
この点に関しては運営代行という形で依頼できることになり、オーナー様からすると実質的には面倒な作業などを必要とせずに、スムーズに運営できるために、まずは3週間を目途にスケジュールを立てることが必要です。
駐車場経営で高い売上をキープするにはどうしたらよいですか?
駐車場経営をする上で、売上げを安定させる為にはいくつかのポイントがあります。
一つは自分だけで運営するのではなく、委託という形を選ぶという事です。
そうすれば委託の為の費用は発生しますが、自主運営の場合に比べるとはるかに安定した収入を期待する事が出来るはずです。
また月極のタイプにすれば、大体どれくらいの収入が期待できるかというのも分かりやすくなるでしょう。
もう一つは、利用者にとって便利な駐車場にしているかどうかという事です。
例えば周りに別の駐車場がある場合、やはり便利な方に人は自然と集まっていくので、不便だと判断されてしまった所は集客があまり望めません。車の出し入れが難しい、狭い、汚い、管理されていない、こういったマイナス面がある場合は利用者はあまり期待できないといっても良いでしょう。
駐車場経営をする時は、利用者の側に立って物事を考えるという事が重要です。
後は、見つけやすい駐車場となっているかどうかという事です。
ぱっと見て駐車場だと分かる、さらにその金額も適正な値段に設定されているという時は、利用者も期待できるので売上げ自体もキープされるでしょう。もし見えにくい場所にある場合は、看板で誘導するとか分かりやすい目印を作る、こういった事も駐車場経営で安定した収入を得る為には必要不可欠な事です。
駐車場経営で一番コストが多いのって何になりますか?
機器の中で最も比重が大きいのは料金精算機です。
駐車台数が多ければ問題になりませんが、2台、3台の駐車場では精算機が高いと一台当たりの設備費が高くなり、
設備償却期間が長く、土地オーナーが躊躇するところとなります。
当社では小規模でもコインパーキング経営が可能なように、精算機価格は極力低く抑えています。
そのために当社開発の精算機はシンプルイズベストを追求したハイコストパーフォーマンス機となっています。
経営で収入を得られる権利があるのは土地の名義人と駐車場の経営者どっちですか?
現状では土地オーナーは賃料収入だけです。売り上げに関与することはできません。
賃料は売り上げの半分程度が運営会社の提示賃料ではないでしょうか。
運営会社は土地の評価額の5分の1~10分の1以下程度の設備投資で土地オーナーと同額の収入を得ることが出来ます。
現状では土地オーナーの不利益と言わざるを得ません。
駐車場経営の集客方法ってどんなのがありますか?
とくにありません。
需要と供給とのバランスにつきます。需要はある程度創ることは可能です。
たとえば住宅地等で夜間時間帯を長くすれば、夜間駐車料金は安いので、社用車で帰宅する利用者が増える傾向があります。
駐車場経営に必要な税金ってどれくらいになりますか?
土地を持っていれば固定資産税と駐車場から得る収入にかかります。
土地を借りて経営する場合には事業所得になると思いますが、税金に関しては専門家にお訊ねするのがベストです。
駐車場経営とアパート経営ならどっちがいいですか?
アパート経営と比較するのであれば、駐車場経営がお勧めです。コインパーキングはランニングコストが低いのと、アパート経営のような修繕費等の支出がありません。また機械の劣化も少なく、塗装以外は20年は持ちます。設備の償却は2年以内のところが多いようです。売り上げの良いところでは数カ月以内の償却もあります。
なお、トラブル対応等をご心配のようですので、弊社の運営代行をオススメいたします。運営代行は土地を貸すのではなく、設備一式を含めトラブル対応等も、すべての運営を委託するシステムです。
土地を貸した場合には賃料のみを受け取りますが、運営代行にした場合、設備費を含めて毎月の経費一台当たり1万円程度を引かれるだけで、売上の全てを受け取れるシステムです。自分で経営する長所と、賃料貸した場合の不利益を解消した当社だけのシステムです。
駐車場経営って儲かりますか?
駐車場経営はそれなりの利用者があれば儲かります。コインパーキングの設備は高いものだと思われているようですが5台の駐車場であれば精算機・看板など必要なものすべてを含めても160~170万円程度です。
以前は一台当たり80~100万円位かかると思われていたようですがそんなに高くありません。メーカーによっては5台で300万円くらいの見積もりを出すところもあるようですが。
駐車場経営にあたり、はじめにしたほうがいいことって何ですか?
駐車場は建築物ではありませんので規制はありません。
月極駐車場の需要のあるところであれば、コインパーキングの需要もあります。
災害で破損した場合の対策ってどんなのがありますか?
駐車場内での事故・盗難等の責任は一切負いませんと利用規約に明記しておけば、弊社の今までの経験上、責任を負わされたことはありません。
駐車場機器の整備不良で事故が起きる場合はありますが、異常は目視できますので、利用者の見落としということで100%の責任を問われることはありません。
さらに、今回のように災害ということであれば、管理責任は問われないと思います。
車を放置された場合ってどうすればいいですか?
放置車両の多くは盗難車です。当社がとっている対応としましては、まず警察に連絡します。盗難車両、あるいは事件性のある場合は、警察が引き取ってくれます。
そうでない場合は、たまたま長期駐車している場合もありますので、一般的には48時間以上の利用は禁止との利用規約を明示しています。その旨の注意書きを車の窓に貼り付けます。移動しない場合は陸運事務所等にて、所有者を調べて通知します。その間、移動なき場合は処分する旨の貼紙をしておきます。
その上で、1ヶ月以上連絡がなければ解体業者に引き取ってもらいます。(こちらは無料で対応させていただきます。)今まで問題が起こったことはありませんが、法律的には面倒な手続きが必要です。
駐車場経営って難しい?
駐車場経営は驚くほど簡単です。
集金から24時間緊急出動、トラブル対応、メンテナンスまでお任せいただければ、毎月の売上報告を受け取るだけです。集金業務を除けば一台当たりの費用は2,500円程度です。メンテナンスには修理はもちろんのこと、交換部品の無償交換(電子部品は除く)も含まれていますので、突然の出費がありません。
集金はご自分でされるのがお勧めです。

お問い合わせ

contact
ご相談だけでも勿論OK!できる限りのご相談にお応えしたいと思いますので、
気軽にお問い合わせください。
当社では電話営業は致しませんのでご安心ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-392-444
受付時間/9:00〜18:00 土日祝休み

メールでのお問い合わせ