コラム

column
2020.11.27

初心者でも簡単!?土地活用するなら駐車場経営をしてみよう

相続などで土地を得たけど、活用の仕方が分からずそのままにしてあるという方はいないでしょうか。
ただ土地を眠らせておくだけだと、固定資産税がかかるだけで、むしろマイナスの資産となってしまいます。
それではせっかくの土地があっても宝の持ち腐れですよね。

そのような場合は、土地を有効活用して駐車場経営していく方法がおすすめです。
今回は、余っている土地を使ってゼロから始められる駐車場経営について考えていきたいと思います。

駐車場経営をするメリットとは

〇少ない初期投資で始められる

駐車場は建物などを建てる必要がなく、土地を整備すれば運営できるので初期投資が少なくて済むところが魅力的です。
アスファルト舗装するだけなら、4,000~5,000円/㎡程度で整備できるので銀行から融資などを受けなくても手持ちのお金で始められる場合も多く、初めての駐車場経営でも無理なく取り組みやすくなっています。

〇経営のサポート会社がある

土地はあるけれど、経営に関する知識がないという場合でも大丈夫です。
駐車場経営をサポートしてくれる会社があるので、そこに契約をすれば任せっきりで収入を得ることも出来ます。

〇土地が少なくても経営できる

持っている土地の面積が少なくても車が数台停められるスペースがあれば充分駐車場として運営ができます。
コインパーキングとして経営するなら2~3台停められれば成立します。
需要のありそうな立地なら月極駐車場で1~2台分のスペースだけでも運営していくことも出来ますよ。

〇辞めたい時にすぐに辞められる

「駐車場経営を始めてみたけれどうまくいかなかった」
「運営することが荷が重い…」などと感じた場合、契約解除をすればすぐに運営を辞めることができます。
コインパーキングなら経営会社、月極駐車場なら契約者に1ヶ月前に契約解除の予告をすれば、契約を打ち切ることが可能です。

初めての駐車場経営で万一躓いてしまったとしても、すぐに辞められることが分かっていたら安心出来ますね。

駐車場経営の始め方

〇コインパーキングの場合

コインパーキングの経営を始める場合は、精算機、ゲート、ロック板などの設備を設置する必要があります。
その為、初期投資は月極駐車場より高くなってしまうことがデメリットとなるでしょう。

しかし、管理会社と契約さえしてしまえば後は利用者と契約する手間がなく運営を始めていけるので、軌道に乗ってしまえば楽に運営をしていけます。

〇月極駐車場の場合

月極駐車場は初期費用は少な目で済みますが、利用者を探し、契約する必要があります。
不安な場合は管理会社に委託も出来るので、そちらを利用するのもいいでしょう。
運営の仕方は3つの方法があるので、好きな運営方法が選べます。

1.個人経営

利用者の募集から賃料の回収まで全て自分で行う方法です。
中間手数料を引かれなくて済むので、収益が上がりますが手間は出てきてしまいます。

2.管理委託

委託費用を支払って業者に管理をしてもらう方法です。
こちらは、集客から集金まで一括して管理してもらえるので何もしなくても収入を得ることが出来ます。

3.一括借り上げ

持っている駐車場スペースを、駐車場管理会社に一括借り上げしてもらう方法です。
この場合、利用者の数に関係なく、一定の賃料を管理会社から支払ってもらえます。
ただし、その分管理委託と比べると高めの契約費用を支払う必要も出てきます。

駐車場の管理に不安がある時は

駐車場経営をしたことがなくても、土地さえあれば運営をしていけることをお伝えして参りました。
余らせている土地があるのなら、もったいないので駐車場にして収入を作っていきたいところです。

月極駐車場なら、個人経営でも駐車場を経営していけますが、運営に関するノウハウを持っていないと収益をうまく上げられないかもしれません。

記事の中でもお伝えしたように、駐車場の管理に迷った場合は、駐車場の管理業者の力を借りることも出来ます。
是非、駐車場管理に関するご相談は、パークエンジニアまでお気軽にご相談ください。


お問い合わせ

contact
ご相談だけでも勿論OK!できる限りのご相談にお応えしたいと思いますので、
気軽にお問い合わせください。
当社では電話営業は致しませんのでご安心ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-392-444
受付時間/9:00〜18:00 土日祝休み

メールでのお問い合わせ