コラム

column

コインパーキング経営の収入はどれくらい?

放置している土地の活用方法として注目されている「コインパーキング経営」。

アパート・マンション経営に比べて必要な初期投資やリスクが小さく、おすすめの副業です。この記事では、コインパーキング経営の方法や経費、どれくらい収入が入るのかを説明していきます。

コインパーキング経営の方法

コインパーキングを経営にするにあたっては、自力で経営する方法と、土地を貸して経営をすべて業者に任せる方法(一括借り上げ)、自力経営で駐車場の運営・管理だけ任せる方法(管理委託)があります。

自力経営

自力で経営した場合、稼働率が上がるほどもうかるため、収入の上限は高くなります。しかし稼働率は月によって変動しますから、収入は安定しません。また、初期投資や維持費がかさむ、管理の手間がかかるなどのデメリットがあります。

一括借り上げ

業者に委託する一括借り上げ方式であれば、経費はかかりません。管理はすべて業者に任せて、毎月、安定した収入を受け取ることができます。ただし、いくら駐車場が利用されても収入が増えないという点はデメリットです。

管理委託

自力経営で、実際の管理を業者に任せる方法(管理委託)もあります。委託料を払う必要がありますが、機器のトラブルなどが発生したときは業者に任せることができます。高稼働率が狙えそうな土地だけど、自力で管理する時間や手間が惜しいといった方向けの選択肢です。

コインパーキング経営の初期投資と経費

土地をコインパーキングに改造するためには、土地が駐車場に適しているかの調査、アスファルト舗装工事、フラップや精算機、看板の設置といった費用がかかります。

これらを自力でまかなう場合、10台ほどのスペースで200~300万円ほどかかります。コインパーキングの人気がなければ初期投資の回収に数年かかることもあります。

さらに毎月運営してくためには、電気料金、レシート交換、精算機のメンテナンスといった経費が発生してきます。

業者に委託する一括借り上げの方式であれば、これらの費用は業者が肩代わりしてくれます。

コインパーキング経営の収入はどれくらい?

コインパーキングの収入は、土地の立地条件に大きく影響されるため、一概にいくらと言うことはできませんが、4~6万円が相場になります。都市部であったり、近くに大規模商業施設や公園がある場所なら、1台当たりの月間売上が10万円を超えることもあります。

まとめ

コインパーキング経営には、「自力経営」「一括借り上げ」「管理委託」の三つの方法があります。

個人の管理が大変である場合は、業者にすべて一任する方が、手間がかからずリスクも低いのでおすすめです。


お問い合わせ

contact
ご相談だけでも勿論OK!できる限りのご相談にお応えしたいと思いますので、
気軽にお問い合わせください。
当社では電話営業は致しませんのでご安心ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-392-444
受付時間/9:00〜18:00 土日祝休み

メールでのお問い合わせ