コラム

column
2020.05.21

売上が上げる!?コインパーキング・駐車場に看板を設置するコツ


コインパーキング・駐車場運営において、看板を設置する方法は売上に大きく影響します。

実際に看板の設置方法を変えただけで、売上が1.5倍増えた事例がありました。

では早速、売上アップに繋がる看板を設置するコツを見ていきましょう。

「P看板」・「満空看板」は遠目でも目立つ場所に設置する

「P看板」もしくは「満空看板」と呼ばれている看板は、遠目から見ても大きく目立つ看板です。

ドライバーに「そこに駐車場があるんだ!」と気が付いてもらえることが大切です。

「P看板」・「満空看板」は必ず遠目からでも目立ち、目に付く位置に設置することがポイントです。

例えば、入口付近や車路と同線の付近は走行中もよく見えるので、目に付きやすく効果的です。

ただし、看板の微妙な位置や角度によっては見えづらくなり、気づいてもらえない可能性があります。

「P看板」・「満空看板」を設置する前に必ず自分で車に乗って看板が目立つかどうか確認しましょう。

安さがウリの「料金看板」は入口付近に設置する

周辺のコインパーキング・駐車場よりも安い料金で運営している場合は、安さを周囲にアピールする必要があります。

安さがウリの「料金看板」は大きな目立つ看板を入口付近に設置すると効果的です。

「料金看板」を前面に設置すれば、「とにかく安い駐車場ですよ!」と集客することができます。

上限料金の安さがウリの「料金看板」は上限料金を大きく表示する

上限料金の安さがウリの駐車場の場合は、「料金看板」に上限料金を大きく表示してください。

「料金看板」の時間料金は小さく表示して問題ありません。

上限料金を大きく表示すれば、長時間駐車したい人を効率的に集客することができるでしょう。

看板の色は目立たせる

「P看板」・「満空看板」、そして「料金看板」は目立たせないとアピールできません。

走行中の車に気づいてもらえるように、看板に使う色は黄色や赤など目立つ色を選びましょう。

繁華街での看板は料金を目立たせない

都心の繁華街や駐車場の需要が高い場所は、看板に料金を敢えて目立たせないようにします。

看板に料金を大きく表示してしまうと、駐車場代が高いという印象を与えてしまうのでNG。
駐車料金が高いエリアは料金看板を目立たない位置に設置した方が良いでしょう。
注意看板・約款看板も目立つ位置に設置する必要がないのでデッドスペースに設置しましょう。

まとめ

看板を移設する場合は費用や手間がかかるのではじめの段階で慎重に決めることが大切です。

看板の位置一つで売上にも影響しますので、分からない点はぜひパークエンジニアにご相談ください。


お問い合わせ

contact
ご相談だけでも勿論OK!できる限りのご相談にお応えしたいと思いますので、
気軽にお問い合わせください。
当社では電話営業は致しませんのでご安心ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-392-444
受付時間/9:00〜18:00 土日祝休み

メールでのお問い合わせ