コラム

column

【おすすめ3選】コインパーキング・駐車場のデッドスペース活用法


コインパーキング・駐車場にほんの少しのデッドスペースがある場合、上手な活用法があるのをご存知ですか?

今回は、コインパーキング・駐車場運営されている方に売上アップに繋がる方法をご紹介しましょう。

コインパーキング・駐車場のデッドスペースとは?

コインパーキング・駐車場の土地の形や広さは様々あり、無駄なスペースが生まれてしまうことも…。

車を1台分駐車するスペースはなく、無駄になってしまった場所を「デッドスペース」といいます。

ちょうど車1台分と変わらないデッドスペースができてしまい、お悩みの方も多いのでは?

駐車場のデッドスペースを活用して売上をアップさせる方法があるのです。早速見ていきましょう。

駐車場のデッドスペース活用法

土地に合った最適な方法を選んで、効率的に土地を活用して売上アップを図りましょう。

バイクの月極駐車場にする

デッドスペースにバイクを駐車できるスペースがある場合は、バイクの月極駐車場にする方法があります。

土地の形によっては、自動車の駐車スペースは足りなくてもバイクの駐車場になるかもしれません。

数台分のバイクの駐車場があれば、大幅な売上アップになる可能性もあるのでおすすめです。

自動販売機を設置する

コインパーキング・駐車場のデッドスペース活用法で一番よくあるケースは自動販売機の設置です。

デッドスペースが少ない場合でも、自動販売機ならば設置できるケースは多いです。

自動販売機のビジネスモデルは、合計販売数に応じて販売手数料約15%を報酬として獲得できます。

駐車場のオーナーは自動販売機が消費する電気料金を負担します。

コインパーキング業者が運営している場合は電気料金の負担はないので気軽に導入できます。

コインロッカー・証明写真機を設置する

都市部や繁華街ではコインロッカーの需要が高く、デッドスペースに設置すると売上アップが期待できます。

コインロッカーは狭小地でも設置することができ、電気料金の負担もないのでおすすめです。

コインロッカーのビジネスモデルは売上に応じて賃料が報酬として支払われます。

コインロッカーの売上約40%程度の賃料を得られるケースもあるので、有効活用できるでしょう。

スペースが限られている場合は証明写真機を設置する活用法もあります。

コインパーキング・駐車場の近隣に証明写真が必要となる施設がある場合は証明写真機が有効です。

デッドスペースに自動販売機と証明写真機を併用して2台設置する方法もおすすめです。

まとめ

駐車場にたった少しのデッドスペースがあれば、売上アップに貢献してくれる可能性があります。

土地活用、コインパーキング・駐車場経営や運営についてのご相談は、パークエンジニアまでお気軽にご相談ください。


お問い合わせ

contact
ご相談だけでも勿論OK!できる限りのご相談にお応えしたいと思いますので、
気軽にお問い合わせください。
当社では電話営業は致しませんのでご安心ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-392-444
受付時間/9:00〜18:00 土日祝休み

メールでのお問い合わせ