コラム

column

コインパーキング運営を始める際の土地の実測とは?


コインパーキングを始める際に土地の実測では何をチェックするのか気になりますよね。
土地の実測とは、現地に行って土地の面積や様々なチェックすることです。

今回は、コインパーキング業者実際の土地の実測でチェックするポイントを
ご紹介しましょう。

コインパーキング運営における土地の実測のチェックポイント

コインパーキングを始める際には、業者が実際に現地で土地の実測を行い、
様々なチェックをします。

土地の面積、土地の寸法を計測する

土地の面積、縦横の長さ、縦横では測りきれない歪みのある部分は
斜めの長さを計測します。
車道と歩道の間に段差がある時には「切り上げ」の設置が必要となります。
切り下げの位置によって、コインパーキングの稼働が変わるので重要なポイントです。
駐車場に入るために道路の切り下げが必要な場合は
申請を出して切り下げ工事が必要です。
また、土地に盛り土がある場合は盛り土を除去する必要も出てきます。

何台くらい駐車できるか?

土地の面積や形状によって、何台くらい駐車できるか判断していきます。
土地は砂利敷なのか、アスファルト舗装されているか、アスファルトは劣化していないか確認します。

看板や精算機を置く場所は?

土地のどの辺りに看板や精算機を置くか場所を確認します。
看板の位置によってコインパーキングの売り上げに影響するので大切なポイントです。
精算機の設置場所は利用者に分かりやすく、車を停めるときに邪魔にならない適切な場所に決めます。
コインパーキング業者は精算機が壊されないように工夫する必要もあるのです。

土地周辺の状況

隣地にどのような建物があるか、駐車の際に衝突するリスクなど必ず確認します。
排気ガス、電柱・消火栓の支柱、側溝、障害物は近隣からのクレームの可能性があるので要注意です。
商業施設、商店街周辺の場合は短時間利用が見込まれて稼働率が高くなる可能性があります。
近隣居住者から夜間の照明・騒音で迷惑をかけないか確認しておくことも大切です。

まとめ

コインパーキング運営における土地の実測は時間がかかりますが、大切なチェックポイントばかりです。
近隣コインパーキングの稼働状況など、自分では調査できないことも分かります。
コインパーキング運営のご相談は、ぜひパークエンジニアまでお気軽にご相談ください。


お問い合わせ

contact
ご相談だけでも勿論OK!できる限りのご相談にお応えしたいと思いますので、
気軽にお問い合わせください。
当社では電話営業は致しませんのでご安心ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-392-444
受付時間/9:00〜18:00 土日祝休み

メールでのお問い合わせ