コラム

column

コインパーキング経営と駐車場経営を徹底比較!

駐車場経営の土地活用は少ない初期費用で気軽に始めることができるため人気があります。

駐車場経営に興味があるけど、「コインパーキングと月額駐車場は何が違うの?」と気になっていませんか?

一口に駐車場経営と言っても、コインパーキングと月極駐車場はそれぞれ特徴や収益モデルが異なります。
一般的に、月極駐車場は土地を整備するだけで簡単ですが、コインパーキングにする場合は機械の導入が必要です。
ただし、収益のメリットは月極駐車場よりもコインパーキングの方が高いです。

では早速、両者の違いについて見ていきましょう。

月極駐車場経営の特徴

月極駐車場はコインパーキングよりも少ない初期費用で始められて、管理の手間が少ない特徴があります。

駐車場経営は狭小地や変形地でもアスファルト舗装やコンクリート舗装を行えば経営可能です。

月極駐車場の需要は、住宅街の中やオフィス街、施設の近くなどに求められています。

駐車台数によって収入の上限が決まるため、空車さえなければ一定の収入となりますが、大幅な収益は見込めません。

今の固定資産税分を何とか上手く活用したい方は月極駐車場始めると良いでしょう。

月極駐車場経営するには、地元の不動産会社に相談して駐車場を整備します。

月極駐車場経営には機械の導入は必要なく、利用者を募集して契約して賃料を受け取る流れです。

将来、駐車場の土地を売却したり、他の土地活用法に移行したい時も、利用者との契約期間が終了すればスムーズに対応できます。

月極駐車場経営の注意点

月極駐車場はほとんどの場合、すでに持っている土地の有効活用が目的です。

月極駐車場の収益は一定となり上限があるので、わざわざ土地を購入して経営する投資目的には向いていません。

借入金を使って土地を購入した場合、借入金の金利と元本返済が発生し、元本返済額は経費にはなりません。

固定資産税及び都市計画税と、借入金の金利を支払った後の金額が収益となり、それに税金がかかります。

借入金の返済は、税引後利益の中から返済することになりプラスにはならないのです。

コインパーキング経営の特徴

コインパーキング経営は、車の出入りの回数によって毎月の収益が変わってくる特徴があります。

コインパーキングは機械の導入が必要になるため、月極駐車場よりも初期費用や管理の手間がかかります。

一時的に利用する人が多く、駅近くや繁華街、駐車場のない商業施設の近くに需要が高いです。

コインパーキング経営には、専門業者が一括借上するパターンと専門業者に委託するやり方があります。

専門業者に土地を一括で貸す場合、専門業者が機械を導入するので、オーナーは毎月一定額を受ける形です。

オーナーは初期費用が不要なので、すぐに始められますが、その分毎月の収入は少なくなります。

専門業者に委託するやり方は、自分で機械を購入して管理を専門業者に任せ、収益を受け取ります。

自分でコインパーキングの機械を購入すると、300万円程度、整地費用には100万円程度かかります。

専門業者との契約内容により収益は異なりますので比較して検討することが大切です。

コインパーキング経営の注意点

コインパーキングは月極駐車場と比べると収益をアップしやすいメリットがあります。

ただし、コインパーキング経営を成功するには、周辺環境の下調べがとても大切です。

一時的な駐車スペースを必要とする人の多い場所と周辺環境の1時間あたりの相場を調べます。

差別化のために低価格にすると価格競争を招くので相場に合わせるのが無難です。


お問い合わせ

contact
ご相談だけでも勿論OK!できる限りのご相談にお応えしたいと思いますので、
気軽にお問い合わせください。
当社では電話営業は致しませんのでご安心ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-392-444
受付時間/9:00〜18:00 土日祝休み

メールでのお問い合わせ