コラム

column

コインパーキング・駐車場経営とは?初心者が抑えておきたいポイントを解説!

相続で得た土地を資産活用するには、コインパーキング・駐車場経営することも一つの選択肢です。

コインパーキング・駐車場経営は少ない初期投資で始められるため、ビジネス初心者にも人気があります。

この記事では、コインパーキング・駐車場経営を検討中の方に向けて、

駐車場経営を成功させるためのコツ、注意点を解説していきます。

 

コインパーキング・駐車場経営とは?

駐車場経営には大きく分けて、「コインパーキング」または「月極駐車場」の2種類あります。
どちらがご自身に向いているか、それぞれの特徴をみていきましょう。

コインパーキング経営

コインパーキングの場合は、精算機やロック板など専用の設備費用がかかります。

設備の設置工事を業者に依頼して、その後の管理も管理会社に委託するケースが多いです。

初期投資を自分で用意する場合は「自己経営方式」、業者に依頼する場合は「土地賃貸方式」となります。

業者にお任せで経営する「土地賃貸方式」は業者土地を貸して、毎月決まったの地代を受け取る形です。

毎月の収入は安定していますが、「自己経営方式」よりも大幅な収益にならないのがデメリットです。

月極駐車場経営

月極駐車場の経営には3つのタイプがあります。

1つ目は、駐車場の利用者を募集したり、賃料の回収などの全ての業務を行う自営タイプ。

2つ目は、業者土地を貸して、利用者の募集や賃料の回収、トラブル対応などの業務を業者に委託する「管理委託タイプ」。

3つ目は、業者から毎月一定額が支払われる「一括借上タイプ」です。

「一括借上タイプ」は駐車場が満車・空きに関わらず一定の収入額を得ることができます。
ただし、業者に支払う手数料は「管理委託タイプ」よりも割高になります。

 

コインパーキング・駐車場経営を始める際の注意点


ここからは、初めてコインパーキング・駐車場経営をする際の注意点を見ていきましょう。

どのような形態で運営するか?

コインパーキング・駐車場経営はどこでどのような形態で運営するかよく検討する必要があります。

周辺に駅がなく、車や人が多く行き来する場所は月極駐車場やコインパーキングの稼働率が高めです。

住宅地では月極駐車場の需要が多く、商業施設の周辺ではコインパーキングの需要が多くなります。

周辺の環境を観察した上で、適切な駐車場を運営のやり方を選択しましょう。

リスクも想定する

コインパーキング・駐車場経営は、常に満車となり安定的に稼げるわけではありません。

年間の管理コストと税金の負担を計算し、メンテナンス費用がかさんで

マイナスにならないように注意が必要です。

最大料金や深夜価格などを設けると空車を防ぐことができますが、

収入にばらつきが出やすくなります。

管理業者に依頼する場合は、リスクを考慮した上で

収益が見込めるのか判断してください。

実質利回りを重視する

コインパーキング・駐車場経営は、投資した金額に対して、

どの程度の割合の収益を得られるか、利回りを計算することが大切です。

駐車場経営においては、必ず経費が発生しますので

収入から経費分を差し引いた「収益ベース」を出します。

実質利回り=(年間収入-諸経費)÷総投資額×100

「実質利回り」は経費分が考慮されているので、正確な利回りを算出できます。

業者から提案される利回りは経費が含まれていない「表面利回り」の場合があるので注意しましょう。

表面利回り=年間収入÷総投資額×100

コインパーキング・駐車場経営は、周辺のライバルの相場も定期的にチェックすることが大切です。

まとめ

有効に土地活用する方法として、駐車場経営は根強い人気があります。

郊外では月極駐車場の需要は安定していますし、首都圏ではコインパーキングの需要は長期間収益が見込めます。

ただし、安定的な収益を得るには、初期費用やランニングコスト、ライバルとの戦略をしっかり考慮しましょう。

ぜひ、今後の土地活用の一つに駐車場経営を検討してみてはいかがでしょうか?


カテゴリ一覧

お問い合わせ

contact
ご相談だけでも勿論OK!できる限りのご相談にお応えしたいと思いますので、
気軽にお問い合わせください。
当社では電話営業は致しませんのでご安心ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-392-444
受付時間/9:00〜18:00 土日祝休み

メールでのお問い合わせ